小児歯科・予防歯科

小児歯科 〜お子様の歯を守るために〜

 

「嫌がる歯医者に無理やり連れていきたくない」「乳歯だから虫歯になっても大丈夫」「ちゃんと歯磨きしてるし別に良いよ」
こんな理由でお子様のお口のトラブルを放置していませんか?
大人と比べて子どもの歯は柔らかく、虫歯になりやすいうえに、進行が早いことをご存知でしょうか?
 
歯は、一生を楽しく過ごすために欠かせないものです。大人になったとき、口腔内が健康であるか否かは、小さなときの口腔内環境が大きく影響します。そして、お子様の口腔内環境に気を配り、歯の将来を守ってあげられるのは保護者の皆様だけです。
 
ひかり歯科の小児歯科治療では、お子様の虫歯治療はもちろんのこと、予防処置をはじめ、健康な生えかわりの観察やアドバイスを行います。
お子様の歯を守るためにも、日ごろの正しいケアと、定期検診を欠かさないようにしましょう。

小児歯科の重要性

「乳歯だから虫歯になっても大丈夫」なんてことは絶対にありません。
乳歯で虫歯になるというのは、口腔内に虫歯菌がいることになるので、永久歯に生えかわっても虫歯になりやすい環境になる、ということです。
そのため、乳歯の時期からブラッシングの習慣を身に付け、保護者様の仕上げみがきをキチンと行っていただくことは大変重要です。また、定期検診でご来院頂くことで、万が一虫歯がみつかっても早期に対応できるだけでなく、生えかわりの異常などもみつけることができます。
歯の健康、お口の健康は全身の健康につながります。小児歯科は一生を健康に過ごすためにとても重要なのです。

ひかり歯科医院の小児歯科治療の特徴

① 歯をピカピカに掃除します。

ご家庭での歯みがきやケアでは取れないガンコな細菌のかたまりを、歯科衛生士が丁寧に取り除きます。終わった後はお子様にも実感できるくらい、ピカピカ・ツルツルに仕上げます。

② フッ素塗布します。

フッ素は、酸に溶けにくく、歯質を強くする効果があります。お子様の歯面に定期的に塗布することで、むし歯に強い歯にします。定期的に行うことで、むし歯予防に効果的です。

③ ブラッシング指導します。

毎日の正しいブラッシングは虫歯予防に大変重要です。お子様一人ひとりのお口の状態に適したブラッシング方法や歯ブラシなどの道具の選び方、仕上げみがきの方法などもお教えします。

「痛いから」ではなく「痛くならないため」
歯医者さんへ行こう!

 
 
 

「痛いから」ではなく
「痛くならないため」
に歯医者さんへ
行こう! 

 

予防歯科 〜お口のトラブルは予防できます〜

歯医者に通う理由となるお口のトラブルというと、虫歯や歯周病がそれにあたります。これらは原因が明確なので、予防が可能です。
虫歯や歯周病は一度かかってしまうと、治療をしても再発のリスクが高くなる病気です。一度でもかかってしまうと、治療を繰り返すスパイラルから抜けられなくなってしまうことが多くなります。
虫歯治療、歯周病治療には痛みや時間の拘束、費用面などの負担が生じてしまいます。そういう意味で予防歯科は、患者様を様々な負担から守る、メリットがとても大きいものと言えます。

予防歯科の重要性

① 口腔内トラブルの未然防止

虫歯や歯周病の発生を未然に防いで、口腔内を健康に保ちます。

② 負担軽減

予防に心掛けることで歯のトラブルの早期発見と早期治療が可能となります。
治療の痛みや治療医かかる時間などが軽減されます。

③ スッキリと口臭予防

専門的なケアを定期的に受けることで、口腔内の健康が保てます。スッキリして、口臭予防にも効果的です。