一般歯科

歯が痛い、しみる・・・むし歯治療について

「虫歯」を知らない、と言う人はほとんどいないと思います。
しかし、その特徴をよく知っている、と言う人は、ほとんどいないのかも知れません。だから、多くの方が虫歯を発症し、そして再発を経験しているのではないでしょうか?
 
虫歯は初期には自覚症状がありません。
進行することで「歯が痛む」「冷たいものが歯にしみる」といった症状が出てきて、それで初めて気付くことが多い病気です。
悪化すると治療が難しくなり、再発を繰り返すことで「歯を失う」ことに近づいていきます。
 
ひかり歯科医院では、虫歯治療時のご負担をできるだけ軽減することにつとめ、なるべく痛みの少ない治療と、予防歯科の重要性、そしてご納得頂いて治療を受けて頂けるよう努めています。
早期発見・早期治療を実現するため、少しのご不安であっても、お早めにご相談ください。

できるかぎり痛みを抑えた虫歯治療

「虫歯治療=痛い」

このイメージは老若男女問わずお持ちだと思います。また、これを理由に来院を敬遠されていらっしゃる方も少なくないでしょう。
しかしそれでは、お口の中の症状は悪化するばかりです。
ひかり歯科医院では、なるべく虫歯治療の痛みを抑えられるよう努めています。

しっかりとした治療計画

ひかり歯科医院では虫歯治療において、はじめにお口の中の診断を行ったうえで、患者様お一人おひとりにあった綿密な治療計画を立案します。そして、患者様に詳しく丁寧にご説明し、ご納得されるまでご質問にもわかりやすくお答えしています。
治療過程においても、今から何をするのか、次はどうするのか、といったこともコミュニケーションを取りながら、丁寧に説明して進めることで、患者様のご不安を少しでも取り除けるよう、努めて参ります。

歯ぐきの腫れ、出血・・・歯周病治療について

「歯周病」というと、テレビコマーシャルなどで知られているとは思いますが、正しい知識をお持ちの方は少ないかもしれません。
高齢者がかかる病気、とイメージされがちですが、実は日本人の成人の10人に8人が予備軍、またはすでに発症しているのではないか、と言われているほど蔓延している病気です。
最近では小学生の約3割が歯ぐきが腫れる「歯肉炎」になっているともいわれているほどです。
腫れや出血など、歯ぐきに気になる症状がありましたら、ひかり歯科医院にお気軽にご相談ください。

歯周病について

歯周病とは、歯ぐきに付着する歯垢(プラーク)の中の原因菌が、歯と歯ぐきの間の深い溝(歯周ポケット)に入り込み、菌が起こした毒素によって歯ぐきが反応して炎症を起こす病気です。症状は歯ぐきだけでなく、歯を支えるあごの骨に影響、無症状に溶かされていき、やがて支えを無くして歯が抜け落ちてしまうリスクを負います。
 
歯周病は食後の歯ブラシを怠る、もしくは不十分なことで、プラークや歯石をためてしまうと発症しやすくなります。
また噛み合わせが悪かったり、歯並びが乱れていたりすると、汚れを残しやすい部位ができたり、強く当たってしまって歯を揺らしてしまう部位があったりして、そこから発症しやすくなります。

歯周病について

ブラッシング指導

虫歯や歯周病の予防の基本は毎日のブラッシングです。ただ毎日磨けば良い、ということではなく、自己流のブラッシングでは病気の原因となる汚れを残してしまいがちです。
効率よく汚れを落とすため、患者様お一人お一人に合わせたブラッシング方法をアドバイスします。

スケーリング

超音波スケーラー等の器具を用いて、毎日のブラッシングでは落としきれないプラーク・歯石を取り除きます。こうした汚れの除去は、虫歯や歯周病予防の基本となります。
また、歯周ポケットの中のプラークや歯石は、キュレットという器具を用いて取り除きます。仕上げに歯根面をなめらかにみがいて、汚れの再付着を防ぎます。

虫歯・歯周病は予防可能な病気です!

 
 

虫歯・歯周病は
予防可能な病気
です!