甘いものをやめられないあなたにもできる予防歯科

query_builder 2023/01/13
お知らせ
白い歯の女性

 今治市で予防歯科をお探しなら【ひかり歯科医院】にご相談ください。

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってからではなく、そうなる前の予防を大切にすることです。今回は特に虫歯予防について、お菓子をテーマに考えていきたいと思います。

 

虫歯の原因とは

虫歯の原因はなんだと思いますか?よく小さな頃に「甘いものばかり食べると虫歯になるよ」などと言われたのではないでしょうか。

実際に、「甘いもの」は虫歯の原因の一つです。その他、「虫歯菌」「歯の質」などの要素が合わさって虫歯は発生します。「虫歯菌」は主にミュータンス菌と言われる最近が原因となります。「歯の質」というのは、人それぞれ違います。肌や髪が人それぞれ違うように、「歯の質」にも個人差があり、虫歯になりやすい人・なりにくい人が居ます。また、乳歯は永久歯に比べてやわらかく虫歯になりやすいという特徴があります。それに生えたばかりの永久歯は、まだ表面が未熟で虫歯になりやすいという特徴があります。

 

虫歯予防の考え方

虫歯予防をするには、虫歯の原因である「甘いもの」「虫歯菌」「歯の質」それぞれに対して、予防のアプローチをすることが大切です。どれも完全にリスクを無くすことは難しいので、それぞれのリスクを減らしいきます。例えば「甘いもの」も食事をする以上、完全にゼロにすることはできません。食べ方に注意しつつ、他の面からも虫歯予防をしていくことが大切です。

 

「甘いもの」はどうして虫歯になるの?

「甘いものが好きですぐ食べてしまう」「日中、チョコレートやあめをチョコチョコ食べてしまう」という人は、虫歯のリスクが高いかもしれません。甘いものと虫歯の関係を解説します。

 

甘いものは虫歯菌のエサになる

甘いものつまり糖は、虫歯菌が「酸」を出すエサになります。虫歯菌が「酸」を出すことにより歯は溶かされて虫歯になります。糖の中にもいくつか種類があり、「ショ糖(砂糖)」は最も虫歯になりやすい糖類です。ほか、「ブドウ糖」「果糖」も虫歯の原因になりますが、ショ糖よりは虫歯のリスクが低くなります。

 

甘いものを食べるとお口の中が酸性になる

お口の中は、普段はほぼ中性くらいを保っていますが、甘いものを食べるとお口の中は酸性に傾きます。その後、唾液の力で徐々に元の中性に戻ってきます。酸性に傾いている時間が長いと、歯は溶かされて虫歯になってしまいます。ですから、ちょこちょことつまみ食いのように何回も甘いものを間食したり、ダラダラと飲食をするのは、お口の中が酸性になる時間が長くなるため、虫歯のリスクが高くなります。間食の回数が多い場合やジュースなどの飲料を日常的にダラダラと飲んでいる人は注意が必要です。

 

虫歯になりにくい「甘いもの」の食べ方

では「甘いもの」を食べたいときにはどうしたらよいのでしょうか。虫歯になりにくい食べ方を具体的に紹介していきましょう。

 

食事や間食の間隔を2時間はあけましょう

ダラダラと間食をすると虫歯になりやすくなります。最低でも2時間はあけるようにしましょう。

 

喉が渇いた時の飲み物は水やお茶類にしましょう

ジュースなどの糖が含まれている飲み物を飲むこともあると思いますが、水分補給として利用すると、ダラダラと飲んでしまいがちです。糖を摂取する回数も多くなります。水分補給は水かお茶類にし、糖が含まれている飲み物は間食の一つとして考えるようにしましょう。ジュースだけでなく、スポーツ飲料や、透明の色をしたフルーツの味がする水も虫歯リスクがありますので注意しましょう。

 

糖の含まれたお菓子以外も「おやつ」に利用しましょう

特に子供のおやつを考えるときに、チョコレートやビスケットなど、いわゆる「お菓子」以外のものもおやつにすると良いです。例えば、さつまいもや果物などがあります。糖の含まれたお菓子以外も「おやつ」として利用するようにしましょう。

 

量を決めて食べましょう

お菓子を袋ごと食べたり、ジュースをペットボトルのまま飲んだりすると、予定している量よりも多く食べがちです。お皿に移して食べたり、コップに移して飲むようにすると良いです。特に自分で管理が難しい子供の場合は、保護者がそのようにしてあげると良いです

 

飴やガムはキシリトールのものを選びましょう

仕事中や運転中など、飴やガムを食べる習慣のある人は、通常の砂糖が含まれたものを常に摂取していると、虫歯のリスクが高くなります。「キシリトール」は糖の一種ですが、虫歯菌のエサにはなりません。キシリトールのものがおすすめです。その際、キシリトールが100%のものを選ぶようにしましょう。砂糖もキシリトールも両方はいっている場合は意味がありません。


予防歯科の関連記事はこちら

まとめ

「甘いもの」が虫歯の原因の一つになることが理解できたかと思います。虫歯を予防するのには、気を付けるポイントがあります。甘いものを完全にやめるというのは難しいですので、今回例を挙げたように食べ方を工夫するのが良いでしょう。自分にできることから始めてみるのが長続きするポイントです。 今治市で予防歯科をお探しなら【ひかり歯科医院】にご相談ください。

 

NEW

  • 甘いものをやめられないあなたにもできる予防歯科

    query_builder 2023/01/13
  • 【矯正歯科治療は歯が痛い?矯正歯科治療の痛みについて解説】

    query_builder 2022/12/09
  • インプラントについて、長所や短所もご紹介

    query_builder 2022/12/07
  • 小児歯科はなぜ必要?通院のメリットや乳歯の健康のためにできること

    query_builder 2022/07/26
  • 矯正歯科で治療を始める前に。時期と装置、選び方を知っておこう。

    query_builder 2022/07/26

CATEGORY

ARCHIVE