ワイヤー矯正とは?今治市の【矯正歯科】が解説

query_builder 2023/04/17
お知らせ
矯正が装着されている歯の模型

矯正歯科治療には、様々な方法がありますが、その中でも特に効果的で人気な方法の一つがワイヤー矯正です。歯並びの改善やかみ合わせの調整など、さまざまな歯の問題を解決するために使用されるワイヤー矯正について、メリット、注意点などを探ってみましょう。


ワイヤー矯正について

ワイヤー矯正とは、歯の表面にブラケットという装置を装着し、そこにワイヤーを通し、その力で歯を少しずつ移動させていく方法です。歯科矯正の世界では100年以上、ワイヤー矯正が主な治療方法でした。しかし、現在ではマウスピース矯正も選択肢としてありますが、ワイヤー矯正にも優れている点が多くあることも事実です。ワイヤー矯正は一般的な歯科医院だけでなく大学病院などでも取り入れられていて、これまでに多くの症例があります。抜歯や顎の手術を必要とする矯正にも対応しています。

ワイヤー矯正のメリット

・ほとんどの歯並びに対応可能
・治療期間が他の矯正比較し、短い
・希望に合わせてワイヤーやブラケットの種類が選べる

ワイヤー矯正は、症例数が多く、どんな歯並びにも対応していることが一番のメリットとして挙げられます。 また、ワイヤーで歯を動かすため、歯並びの仕上がりも差がなく、安心して治療を受けることができます。

ワイヤー矯正のデメリット

・装置が目立つ
・痛みを伴う 

ワイヤー矯正では、ブラケット装置やワイヤーが金属製だったため見た目が悪く、目立ち、その見た目から矯正治療を敬遠する方も少なくありませんでした。しかし最近では、透明のセラミックやプラスチック製のブラケットや、裏側矯正やホワイトワイヤーにしたりと、できるだけ目立たないように矯正することも可能となってきています。痛みは伴うことが多いですが、歯を動かした数日後には落ち着くことが多いため、徐々に慣れてきます。

ワイヤー矯正の種類

・表側矯正

歯の表に装置を固定します。最もスタンダードな方法で、矯正といえば表側矯正をイメージする方が多いです。歯の表側の見える位置に装置が付くため、見た目が気になる方も多くいます。

・裏側(リンガル)矯正

歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する方法です。表側矯正のように目立たないメリットはありますが、歯の裏側に装置があるため発音しにくくなったり違和感が生じたり、食事の際に物が詰まったりするデメリットもあります。また、歯並びによっては裏側矯正が適さない場合もあります。他にも、表側矯正よりも高い技術が必要になるため、費用が高くなることが多いです。

・ハーフリンガル矯正

下の歯には表側矯正、上の歯は裏側矯正をする方法です。人は話すときや笑った時に、下の歯はあまり見えず上の歯が目立つケースが多くあります。そこで、ハーフリンガルでは特に目立つ上の歯だけ裏側に装置を装着し、下は表側矯正にすることで、見た目はそこまで目立つことなく、費用を抑えることができます。さらに舌にも装置が触れないため、日常生活の際に起こる違和感や発音への影響も抑えることができます。

今治市で矯正歯科をお探しなら【ひかり歯科医院】へ

ワイヤー矯正は、歯列矯正の中でも特に効果的で人気な方法の一つです。口腔内に装着するワイヤーを調整することで、歯並びやかみ合わせなどの問題を改善することができます。ワイヤー矯正は、長期間の治療が必要であり、初期の違和感や痛みがあることがありますが、正しいケアを行うことで効果的な治療が可能です。
今治市で矯正歯科をお探しなら【ひかり歯科医院】にご相談ください。

矯正歯科診療ページはこちら


NEW

  • 矯正治療の抜歯について

    query_builder 2023/12/07
  • 矯正歯科|部分矯正のできる範囲を解説

    query_builder 2023/11/10
  • 矯正治療中のメンテナンスを解説!

    query_builder 2023/10/31
  • インビザラインの維持とケア方法

    query_builder 2023/09/15
  • マウスピース矯正の効果と適応範囲

    query_builder 2023/08/15

CATEGORY

ARCHIVE