小児矯正について知っておきたいこと:歯並びの改善と予防に役立つ方法

query_builder 2023/05/01
お知らせ
1350545_s

歯並びが悪い子どもは、大人になってからもコンプレックスになることがあります。そのため、小児矯正を受けることで歯並びを改善することが重要です。今回は、小児矯正についての基礎知識や予防方法について紹介します。


【小児矯正とは】

小児矯正は、乳歯や永久歯が生えそろっている時期に歯並びを改善する治療方法です。歯並びが悪いと、虫歯や歯周病にかかりやすくなったり、口臭の原因になったりします。また、歯並びが悪いと、噛み合わせが悪くなり、顎関節症を引き起こすこともあります。小児矯正は、将来の健康を考える上でとても重要な治療法です。


【小児矯正の種類】

マウスピース矯正、ブラケット矯正、透明なマウスピースを使った矯正など 小児矯正には、さまざまな治療法があります。それぞれの治療法には特徴があり、適応する症例も異なります。以下に、代表的な小児矯正の種類を紹介します。


【マウスピース矯正】

マウスピース矯正は、取り外し可能な透明なマウスピースを装着する治療法です。歯列の歯並びに合わせて作られたマウスピースを定期的に交換することで、歯列を少しずつ移動させて歯並びを改善します。マウスピース矯正は、ブラケット矯正に比べて目立ちにくく、歯磨きもしやすいというメリットがあります。


【ブラケット矯正】

ブラケット矯正は、歯にブラケットと呼ばれる金属製の装置を取り付け、ワイヤーで歯を引っ張って歯並びを改善する治療法です。ブラケット矯正は、歯の移動量をより正確に制御できるため、重度の症例に対しても有効です。ただし、見た目が目立つため、コンプレックスを持つ子どもにとってはストレスになることがあります。


【透明なマウスピースを使った矯正】

透明なマウスピースを使った矯正は、マウスピース矯正と同じく、透明なマウスピースを装着する治療法です。ただし、歯並びを改善するために特別に作られた歯型をもとに作られたマウスピースは、見た目が自然であり、ブラケット矯正のように金属製の装置が目立つことはありません。ただし、ブラケット矯正に比べて歯の移動量を制御することが難しいため、治療期間が長くなることがあります。


【どの治療法を選ぶか】

どの治療法を選ぶかは、症例や患者さんの希望によって異なります。小児歯科医と相談し、適切な治療法を選ぶことが大切です。また、治療期間や費用、見た目へのこだわりなども考慮する必要があります。マウスピース矯正は取り外し可能であるため、スポーツや楽器演奏などで取り外すことが必要な場合には適しています。ブラケット矯正は治療期間が短いことが多く、治療終了後のリテンションも確実に行うことができるため、効果的な治療が期待できます。透明なマウスピースを使った矯正は、見た目へのこだわりがある場合に適しています。しかし、治療期間が長くなることがあり、治療中のマウスピースの着脱による負担があることも考慮する必要があります。小児矯正の種類について理解し、患者さんに合った治療法を選択することが、歯並びの改善につながります。


【小児矯正のタイミング】

小児矯正は、歯並びが悪くなってからではなく、歯並びが正常なうちに受けることが望ましいです。歯並びが悪くなる原因として、歯の生え変わりや歯磨き不足、遺伝的な要因などがあります。そのため、小児矯正は、永久歯が生えそろう前の6~7歳くらいが最適なタイミングです。


【小児矯正の予防方法】

小児矯正に限らず、歯並びの悪化を予防するためには、日常的な歯磨きや定期的な歯科検診が重要です。特に小児の場合、永久歯が生え換わる前の乳歯期から歯並びの状態を注意深く観察することが必要です。歯並びが気になる場合には、早めに歯科医院を受診し、専門家のアドバイスを仰ぐことが大切です。また、親子で正しい食生活を心がけることも予防につながります。砂糖や甘いものを控え、野菜や果物を積極的に摂取するようにすることが望ましいです。歯並びの悪化を防ぐためには、適切な予防策を講じることが重要です。


【今治市で小児矯正ならひかり歯科医院へ】

小児矯正には、永久歯が生え換わる前後に治療を開始するのが適切なタイミングとされています。小児期に治療を行うことで、歯並びを改善するだけでなく、将来の歯の健康を守ることができます。小児矯正の種類には、矯正装置を歯に取り付ける「固定式矯正」や、マウスピース型の矯正器具を使う「取り外し式矯正」があります。治療期間は、症状や治療方法によって異なりますが、一般的には1〜3年程度かかる場合が多いです。 小児矯正を受ける前に、予防方法を知っておくことも大切です。定期的な歯科検診や歯磨き、親子での正しい食生活を心がけることで、歯並びの悪化を予防することができます。また、小児矯正に関しては、早めに専門家のアドバイスを仰ぐことが大切です。歯並びに問題がある場合には、年齢に関係なく治療が必要な場合もあります。 小児矯正の治療期間中には、適切なケアが必要です。歯並びの矯正装置をつけた場合、歯ブラシやフロスでの歯磨きが難しくなるため、特別な歯磨きグッズを使って清潔に保つことが重要です。また、矯正装置が原因で口内炎や痛みが生じる場合もありますが、歯科医師のアドバイスに従い適切なケアを行うことで軽減することができます。 小児矯正は、将来の歯の健康を守るためにも重要な治療法の一つです。早期に専門家のアドバイスを仰ぎ、予防にも注意を払うことで、より効果的な治療を受けることができます。

小児矯正診療ページはこちら

NEW

  • 矯正治療の抜歯について

    query_builder 2023/12/07
  • 矯正歯科|部分矯正のできる範囲を解説

    query_builder 2023/11/10
  • 矯正治療中のメンテナンスを解説!

    query_builder 2023/10/31
  • インビザラインの維持とケア方法

    query_builder 2023/09/15
  • マウスピース矯正の効果と適応範囲

    query_builder 2023/08/15

CATEGORY

ARCHIVE